読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mimikakimemo

自分用メモ。

U2212HMを買ってデュアルディスプレイ環境に

U2212HM

今まで鼻毛鯖では、下の記事で取り上げた23インチのディスプレイ PLXB2374HDS-B1 を単独で使っていた。

最近ディスプレイが狭く感じるようになってきており、また資料閲覧用の縦置き画面も欲しかったので、Dell の U2212HM を半月ほど前に購入し、デュアルディスプレイ環境にした。

機種の選定にあたって考慮した条件はざっと以下のとおり。U2212HM はこれをすべて満たす。

  • フルHD
  • IPS液晶
  • ノングレア
  • 枠に光沢がないもの
  • 安さ
  • 縦置き対応(スタンドにピボット機能があればなお良し)
  • 縦置きにするのであまり大きくない(見あげなくてもよい)サイズ。要するに21.5インチ

U2212HM の定価は14,980円だが、Dell のサイトではちょくちょくセールをやっているようで、その期間であれば12,980円(送料込)になる。今回はちょうどセール期間だったので、この価格で購入できた。到着までの納期は幅があるようだが、自分の場合はすぐ翌日に届いた。

鼻毛鯖での滲み

鼻毛鯖は DVI-D 端子と D-sub 端子があり、一応はそのままでデュアルディスプレイに対応している。

だが、上のページにあるように D-sub 接続では滲みが出るとの報告があり、実際に自分の鼻毛鯖(タイプPJ)でも滲みが発生した。

RH6450-LE512HD/HS

デュアルディスプレイにしつつこの滲みを回避するため、グラボを買ってきてつけた。ゲームなどはまったくやらないので、ローエンドの安いものを適当に選択。ツクモ本店で2,610円だった。

最初は Ubuntu の システム設定 > 追加のドライバー で「ATI/AMD プロプライエタリ FGLRX グラフィックスドライバー」を入れてみたが、なぜか再起動するたびにモニターの向きや配置がリセットされてしまうという問題があったので削除した。現在は Ubuntu 標準のオープンソースドライバを利用している。

HDMI で PLXB2374HDS-B1 を、DVI で U2212HM を接続してデュアルディスプレイにしているが、上で述べたような滲みも(当然)なく、とりあえず普通に使えている。ただ性能としては、鼻毛鯖の標準のオンボよりも若干重い気がする。もう少し調べて買うべきだったか。