読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mimikakimemo

自分用メモ。

ieServer.Net によるDDNSの利用

無料で使えるダイナミックDNSサービス。まずはドメイン名を決め、アカウントを登録しておく。

更新スクリプトの設置

自分(サーバ)のIPアドレスが変わったら、DDNSサービス側に「このIPアドレスに変わったよー」と伝え、更新しなくてはならない。更新用のスクリプトが下で配布されているので、これを利用する。

このスクリプトを下記のように適宜編集し、UTF-8ddns-update.pl として保存。

# 以下2ファイルの配置ディレクトリは好みに応じ設定
# 1. 設定IPアドレスワークファイル
$CURRENT_IP_FILE = "/var/log/ieserver/current_ip";

#  2. 設定状況ログファイル
$LOG_FILE        = "/var/log/ieserver/ip_update.log";

# 回線IP確認ページURL
$REMOTE_ADDR_CHK = "http://ieserver.net/ipcheck.shtml";
# DDNS更新ページURL
# wgetをSSL接続可能でビルドしているなら、https:// での接続を推奨
$DDNS_UPDATE     = "https://ieserver.net/cgi-bin/dip.cgi";

# ieServer.Netにて取得したアカウント(サブドメイン)情報を記入
$ACCOUNT         = "********";     # アカウント(サブドメイン)名設定
$DOMAIN          = "********";     # ドメイン名設定
$PASSWORD        = "********";     # パスワード設定

これを /usr/local/bin/ に設置した。実行権限も付与しておく。

$ sudo /usr/local/bin/ddns-update.pl

として実行すると、前回とIPアドレスが変わっていた場合に更新される。ここからログインすれば、実際に更新された日時がわかる。

cron の設定

ddns-update.pl を定期的に自動実行するために、cron を使う。

$ sudo crontab -e

で root の crontab を編集。10分おきの更新であれば、次の1行を追加。

*/10 * * * * /usr/local/bin/ddns-update.pl